たくさんの人に見てもらえる魅力的なフライヤーを

CONTENTS

ちょっと良い紙を

カラーチャート

ペラペラじゃなく、少し厚みと光沢をもった紙を使ってフライヤー印刷をしたい、と言った希望も叶えることができます。邪魔にならず、かといってすぐになくならないような、絶妙な存在感を出したい時にはプロへ注文をしよう。

Read More

少部数でも大部数でも

インク

ちょっとした宣伝のために少しだけ作っておきたいと言った場合でも、大々的に沢山配りたいと言った場合にでも、しっかりと対応してくれるのが専門業者です。少なくとも多くとも気軽にフライヤー印刷を頼めます。

Read More

デザインに悩んだら

印刷されたフライヤー

フライヤー印刷をするにあたって悩むものといえば、やはりデザインだと言えるでしょう。一からオリジナルのデザインを作っていくのは難しい、データの規定を一つ一つクリアして行くのが難しい、そんな時はテンプレートを活用しましょう。

Read More

急いでいる時でも

ゆとりを持って準備したいと日々考えていても、今すぐにでもフライヤー印刷をして現物が手元に必要となることも少なくありません。専門業者に注文すれば、そんな急いでいる時でもさっと対応してもらうことができます。

自分で作ろうにも

たくさんのフライヤー

自分のお店の宣伝のために、もしくは開催されるイベントの周知、告知などにフライヤーを必要とする、といった場面で悩むのが、どうやってそれを作れば良いのか、だと思います。
ほんの数枚、数十枚程度であれば家庭用の一般的なプリンターでもそれ用の用紙を買ってきて、印刷して行くことが出来ますが、家庭用の一般的なプリンターはインクの消耗が大きく、デザインやカラー使いによってはあっという間にインクが切れてしまいます。
また、用紙もしっかりしたものを選べば選ぶほど割高になり、ほんの数十枚程度であっても思わぬコストがかかってしまうものです。
それでもきちんと上手く仕上がれば良いですが、納得のいくフライヤーを一枚完成させるために何度も何度も失敗を繰り返し、中々思い通りのものが仕上がらないなんてこともしばしばです。
素早く綺麗で納得のいく、そんなフライヤー印刷を、となれば自分で作るのではなく、専門業者に依頼して作ってもらうことを検討するのもまた一つの選択肢です。
専門業者に頼むと高くつきそうな印象は強いですが、部数が多くなればなるほど、専門の設備とノウハウを兼ね備えたプロに任せた方が割安になることもあります。
フライヤーというのは宣伝に欠かすことのできない必須アイテムだからこそ力を入れて作りたいものですから、クオリティや無駄なコスト削減を追求したいとなれば、専門業者に依頼してみるのも一つです。
いつも作成に手間取ってしまう、そんな時は是非今一度プロを頼ってみませんか?


Created by BlackTie.co - Attribution License 3.0 - 2013

Copylight all 思わず手に取りたくなる綺麗なフライヤー印刷はプロに頼もう reserved